ピステ株式会社

ご挨拶/経営ヴィジョン

「ユニーク・カンパニー」を目指して

私たちピステ株式会社は、スキー用具のメンテナンスに始まり、レンタルスキーの運営、各種スキー競技大会の運営、異業種のイベント業務の委託など、エンドユーザーへのサービス提供において、そのノウハウを磨きこんだ他に類をみない独創的企業です。

これからも変動する市場やお客様の要求をいち早くキャッチし柔軟にサービスや体制を変化できる強い前向き思考の経営を心掛けていきます。

そして、「ピステ」で働くすべての従業員の明るく健やかな生活が実現できるよう、我社がお客様に頼りにされる強い存在=「ユニーク・カンパニー」を目指していきます。

経営理念 ~流れる水の如く~

「水(川)」の流れは、常に一定の形状を持たず、客観的な状況に対応し、その形態を変えながらも淀むことなく常に流れ続ける。ある時は、静かに流れ万物を育み、ある時は激しい流れとなって岩をも動かす。

このように様々な形態の変化を繰り返しながら、やがて大きな流れへと成長し、大海へと注ぐ。

まさに「兵の形は水を象る」と古人が表すように、経営も同じく変転する事業環境、客観情勢の中において、ときに応じて原理・原則を運用し、変幻自在に戦略を変えながら、淀むことなく、たゆまぬ成長を図るものと信念する。

経営ビジョン ~第8期スタートにあたってのご挨拶~

平素は、ご愛顧を賜り従業員一同深く感謝申し上げます。
今後も変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

さて、わが社も皆様方のご支援を賜り
幾多の困難試練を乗り越えながら、こうして8期目を迎えることが出来ました。

改めてこの7年の間に学んだこととして
愚直にも「お客様第一主義」を信念し
「正しいサービスを提供し、正当な報酬をいただく姿勢」を貫き
わが社に関わるすべての皆様に「感謝」するという「彼我との調和」を重んじるということです。
これらは就業に対する「考え方」「姿勢」に反映され
「相互利益の共有」を実現してきたと事業の軌跡を顧みています。

そのような今、そして未来。
目まぐるしく変転する客観情勢において「明日を予測する」ことは不確かであり
事業を永続的に継続していくことは、事業規模の大小を問わず、非常に困難であると感じています。
しかし、そんな時勢であるからこそ、前述した「考え方」「姿勢」を揺らぐことなく未来へ掲げ
ただひたすらに、皆様に頼りにされる強い存在になるよう努めていくことと信念しています。

「生きることに喜び、生かされることに感謝。」
この旗のもと全従業員一心となり、これからも力強く歩んでまいります。
そして、さらにわが社をとりまく皆様の「笑顔」を一つでも多く創造していくことを
わが社の喜びとしていきたいと銘じております。

皆様方のご健勝と幸多きことを祈念いたします。

平成27年8月吉日
ピステ株式会社
代表 小池浩一

長期戦略 業態糾合によるニーズの喚起

ピステの長期戦略は、ひとつの「メンテナンス業者」としてではなく、スキー業界において「メーカー」「リテール」「専門業者」「任意団体等」により個々に営まれていた「修理」「アフターサービス」そしてリセール(中古)を糾合し、市場に潜在化しているニーズにベンチレーション(ventilation)作用を喚起させることを目指します。

次のページ → ブログ&ニュース